事故、転倒、ぎっくり腰など仕事中や通勤途中での痛みは、労災保険を適用して治療ができます。また当院は労災指定院として認定されていますので、患者さまの窓口負担はゼロ円です(一部例外もあります)。

労災保険とは

労災保険とは、仕事中又は通勤によって労働者がケガをした際に必要な保険給付を行うことを目的とする保険制度です。仕事中または通勤中のケガは健康保険ではなく労災保険が使えます。

手続きは面倒ですか?

会社で労災適用確認していただき、柔道整復師用の労災用紙をもらい、必要事項を記入したら当院へお持ちください、受付で労災ですとお伝えください。用紙がない場合はお申し出ください。*業務中と通勤災害では用紙が違います。

窓口負担はいくらですか?

労災の認定が出ていれば患者様の窓口負担はありません。指定を受けていない医療機関では患者様が一旦全額を立て替えておく必要がありますが、当院は労災認定指定院として登録されていますので、窓口負担はありません

転院は可能ですか?

可能です。現在労災指定の整形外科や整骨院に通っているけどあまり症状が変わらない、自宅の近くまたは職場の近くに転院したいなどの理由で転院してくる方は多くいらっしゃいます、一度体験してみたいという方もご相談ください。

こんな時にご利用ください

  • 通勤中に事故に遭った
  • 駅の階段で足を捻った
  • 荷物を受け取った際にぎっくり腰になった
  • 上から物が落ちてきて打撲した
  • 機械の操作を誤っての怪我
  • 貧血で倒れた際にぶつけた

お酒を飲んでいての事故や強制ではないレクリエーションなどでのケガは適応外です。

パート・アルバイトの方も適応

労災はなにも正社員だけが使えるものではありません、パート・アルバイトの方も適応です!

なんとなく自分が悪かったかな?と思って使うことを遠慮してしまう方も多いようですがこれからも仕事を続けていくうえで、原因が業務や通勤に関連していることが明確な時期に労災保険を使って慢性にならないようしっかり治療をすることはとても大切です。

会社が嫌がるので・・・

厚生労働省の「労災隠しは犯罪です」のポスターに「労働災害に健康保険は使えません」とあるように、逆に言えば仕事中に起きたケガで健康保険を使うことの方が医療制度として間違っています!そういうことを理解して会社にはしっかりと申請しましょう。

https://www.mhlw.go.jp/general/seido/roudou/rousai/index.html

安心のひらい整骨院グループにお任せください!

起きてしまった症状に対してしっかりと評価させていただき、充分な説明と同意を得て患者様と一緒に早期回復を目指していきます、また仕事中のケガは日常での動きや体の使い方にも改善点がある事も多くみられます、当院では治すだけではなく、二度と起こさない予防も並行してやっていきます!

投稿日:

Copyright© 株式会社HSコーポレーション|ひらい整骨院・鍼灸院グループ , 2018 All Rights Reserved.