なるほどガッテン

背中で語る!猫背は良くないことがいっぱい!

投稿日:2017年10月10日 更新日:

猫背は『良くない』そんなことは、みなさん人生で一度は聞いたことがある情報だと思います。でも!『良くない』とは知っていても中々治せない猫背!そんなアナタに!!猫背を続けることで起こる真の恐怖をお伝えします!

猫背を続けると起こる!あんなこと!こんなこと!

内臓に負担がかかる!

猫背姿勢が続くと、内臓を圧迫してしまいます。そうすると、内臓は苦しい状態で活動しなくてはいけません。
カラダの中心には、『心臓・肺・胃・小腸・大腸・肝臓』などの内臓があります。猫背姿勢が続くと、最初に感じることは『呼吸が浅くなる』ということです。

肺が圧迫されることによって、ちょっとした運動をしただけでも息切れが起こるようになり、呼吸が浅くなるため、血液やリンパの流れが悪くなり、血流が悪くなることで、カラダに酸素が行き渡りづらくなり、結果として、疲れやすくなってしまいます。

内蔵を圧迫し続けるということは、内臓疾患のリスクを高め、体力をなくしてしまうことに直結してしまうということになります。

便秘をも引き起こす!

猫背により内臓の圧迫が続くと、血流が悪くなるため、腸管の働きも悪くなり便秘が引き起こされます。便秘が続くと、カラダの中に毒素が貯まりやすくなるので、そうすると今度は、女子の敵!『肌荒れ』を引き起こしてきます。

『肌は内臓の鏡』と言われる位、内臓の悪影響を受けやすいものです。猫背で内臓を圧迫してしまい、血流を悪くしていけば、その分ドンドン内臓は疲れ、便秘や、肌荒れを引き起こす原因を体内から作りだしてしまっています。

アナタはどれ?3つに分類!猫背姿勢!

首、猫背

首(頭)が肩より前に出てきてしまい、結果的に背中が丸まってしまう猫背の形のことを指します。パソコン作業などで、画面を覗き込む姿勢などで引き起こされやすい姿勢です。

背中、猫背

一般的に言われている、背中が丸まってしまう猫背のことです。背中がグニャリと前のめりに曲がってしまい、肩こりが起こりやすくなってしまう姿勢です。

腰、猫背

座ったまま、腰部分が丸くなっていき、上半身が前に傾き、腰が曲がる、腰猫背です。股関節前の動脈を圧迫したりしてしまい、足腰の冷えを感じる事もあります。

カラダは、様々なところでバランスを取って、健康を維持しています。それなのに、大切な内臓を押し潰してしまう、憎っくき『猫背姿勢』は、本当に良くないことだらけです。現代は、スマートフォンやパソコン作業が多く、猫背になりやすい生活習慣が多い中、いかに意識して、姿勢を正す時間を作るか!が大切になってきます。

『格好悪い』だけではない!よくないことだらけの『猫背姿勢』これを機に!是非、猫背を治すように意識してみてください。

-なるほどガッテン

Copyright© 株式会社HSコーポレーション|ひらい整骨院・鍼灸院グループ , 2019 All Rights Reserved.