先輩インタビュー

先輩インタビュー:永山先生(新卒16期生)

ー永山さんは16期生として2年目を迎えられたのですが、HSコーポレーションに入社されたきっかけを教えてください。

もともとトレーナーをやりたくて、HSコーポレーションがトレーナーの機会が多い会社ということで気になっていました。そんなときに説明会で宇佐美スーパーバイザーに話を聞いて、「自由度高くトレーナー活動をやれること」「若い先生が多い」ということでHSコーポレーションに入社を決めました。

ー実際に入社されてどうでしたか?

イメージ通りで若い先生がとても多かったです。同年代の先生たちと切磋琢磨しながら成長できることへの期待が高まりま した。あと患者さまとの距離がすごい近いです。わたしは人とコミュニケーションを取ることが好きなので、患者さまに寄り添いながら治療できるのが楽しいです。

ー同期の先生たちとは相談しあったりしますか?

はい、いろいろ相談します。なかには自分の進み度合いと同期の進み度合いを比べてしまったり、デビュー時期に負けてしまったとか落ち込んだりすることもありますが、受け身の姿勢になりすぎちゃうと仕事もうまくいかないので、お互いに励まし合いながらがんばれるのは同期が多い会社のいいところだと思います。

ー永山さんは地方出身ということですが親御さんは東京に出ることに賛成でしたか?

いや、どちらかといえば反対だったと思います(笑)。でも私はトレーナーとしての経験を積みたくて、地元にはトレーナーの機会がないことを説明したら、「若いうちに挑戦してきなさい」と言ってくれました。東京にきて本当によかったです。同期も多いですし、やっぱり時間の流れがシビアというか、揉まれているなかで確実に成長できている実感があります。

ー永山さんには夢があるんですよね。

はい、もともと開業したいという思いがあるので、将来的には地元で開業したいと思っています。そのためにまず技術力をつけて仕事の範囲を増やすことことが目標です。鍼灸整骨院とトレーナー活動も両方ともしっかりやりたいです。そして後輩も入ってきたので、後輩に一言言えるようにまずは自分が成長しないと、と思っていま す。背中で語れる先輩になりたいです(笑)。

ーHSコーポレーションを検討している学生さんに一言お願いします。

HSコーポレーションは、同期が多いのでやっぱり負けず嫌いの人はすごく成長できると思います。でもスピードを競争するのが仕事ではないです。みんな最初はうまくいかないですし、成長のスピードも違いますし、切磋琢磨しながらもマイペースでしっかりと努力する、そうするとまわりの先生が助けてくれます。

これは自分だけじゃなくて、26院の院長はみんな同じように思っているはずです。治療家として成長したいならHSコーポレーションはおすすめできる会社です。そういう環境でがんばりたい人に入社してほしいです!わたしもしっかりとサポートさせてもらいます。とくにわたしも女性なので、女性でも活躍できる仲間をたくさんつくりたいです。

-先輩インタビュー

Copyright© 株式会社HSコーポレーション|ひらい整骨院・鍼灸院グループ , 2019 All Rights Reserved.